1. HOME
  2. ブログ
  3. 希望を捨てないで!!膝痛治療の現場で起きている真実

希望を捨てないで!!膝痛治療の現場で起きている真実

当院の患者様で1年半前に膝が痛くなり、整形外科を受診し「手術が必要」と医者から言われた方(60代男性:Kさん)がいらっしゃいます。

この男性は高校時代、野球部で甲子園球児。当時、相当足腰を追い込んだトレーニング(うさぎ跳びなど)を行っていたそうです。

その時にいじめ抜いた膝が年齢とともに痛くなり、とうとう歩くのも辛いほどに。

すぐに整形外科を受診しレントゲン撮影したところ、「膝の軟骨が擦り減って骨の痛みが出ています」との説明を受けました。

手術が必要といわれたこの患者様は、それを拒否し、ヒアルロン酸注射治療を受けていたのですが治らず、当院を受診し、約一年が経ちました。

最初、痛みで曲がらなかった膝も今では正座がほぼ取れるまでに回復。歩行時の痛みは一切ありません。
明らかに一年半前より症状が良くなって本人も大喜びしていました。

しかし最近、歩行中転倒し、足首を捻挫。

足首がひどく腫れたため、骨折が無いかを確認するために久しぶりに以前通っていた整形外科を受診したのです。

担当の先生は「Kさん、以前悪かった膝の調子はどうですか?足首だけでなく膝のレントゲンも取ってみましょうよ。きっと悪化しているはずですよ」と検査したところ、お医者様曰く「軟骨が擦り減っています。膝が痛くないわけないですよね?手術するしかないですよ」とのこと。

本人は1年半前の状態と比べ、正座も取れるようになったし、日常生活で痛みを全く感じなくなっていたので、どうしてお医者さんがそんなことを言うのか不思議に思ったそうですが、「そうですね」と適当に相槌を打って話を聞き流したそうです(もちろん手術を受ける気など、ご本人には全くありません)。

さて、この話から皆さんは何を感じますか?
現在、膝の手術が必要といわれている患者様、本当に手術が必要なのでしょうか?

膝痛治療に対する真実について、バージョンアップしたヒアルロン酸注射では【治せないタイプの膝痛】・・・『関節内痛』と『関節外痛』のお話を投稿します。膝痛を抱えるご本人だけでなく、ご家族で膝痛の方がいらっしゃる方にも読んでほしい投稿です。

ヒアルロン酸注射では【治せないタイプの膝痛】・・・『関節内痛』と『関節外痛』のお話

関連記事

【投稿者の経歴】

糸日谷 哲章 【イトヒヤ テッショウ】

保健医療学修士/理学療法士/柔道整復師/
シン・インテグレーション認定施術者

運動学的観点から痛みの発生原因を追求し、難治性疼痛に特化した治療を行う

≫詳しいプロフィールはこちら