1. HOME
  2. イベント
  3. セミナー
  4. 『臨床力がつく』オンラインセミナー:なぜ整形外科では関節痛を治せないのか?

『臨床力がつく』オンラインセミナー:なぜ整形外科では関節痛を治せないのか?

2022年 10月3日(月)
19時30分

講義テーマ
『なぜ整形外科では関節痛を治せないのか?』
―多くの医療者が誤解している痛みの本質について―

今回の講義

『整形外科に何年も通っているのに、一向に良くならない…』

こんな話、よく聞きませんか?

治らないけど、行くところがないし、お医者様が診てるんだから間違いないだろうと何年も経過した結果、よくなるどころか次第に症状は悪化…

「以前は正座も取れていたのに、今じゃ正座なんてとんでもない。歩くのもやっとだ…」なんて話が巷に溢れていますよね?

でも、なぜ整形外科に真面目に通っても、関節痛、特に受傷機転のはっきりしない痛みは治らないのでしょう?

それは、そもそも治療する側が疼痛の発生原因を誤解していて、それに気づかず治療しているからなんです。

で、悲しいことに、とりわけ真面目に医学を学んだ人ほど、この誤解をしやすい(悲)。

だから、疼痛を治せるようになるには、この誤解に気づき、治療の方向性を変えない限り絶対に無理なんです。

さて今回の講義では、この治療者が陥りやすい疼痛発生原因の誤解をテーマにお伝えします。

最近来院した腰・足首の手術をしても10年間治らず、歩行困難になった足底痛患者(80歳女性)が、たった3回の治療で杖なし歩行、正座が取れるようなった経緯を例に“疼痛とは何なのか”について説明します。

また徒手での疼痛治療で、どんなイメージで患部に触れれば良いかについてもお話しします。

まずは先に疼痛の原因組織について、正しいイメージを持って触れていくことが大切なんです。

触る前に正しくイメージができていないと、仮に組織に触れていたとしてもそれを認識することは何年たってもできないんですよ。


本講義を聞けば、明日からの臨床で患者様の触れ方が変わり、まるでパズルのピースがハマるように、長年の謎が解決するはずです。

開催日:2022年10月3日(月)
開催:時間19:30~20:30

参加費:5500円(クレジットカード決済)
対象:疼痛治療に関わる全ての医療者

<参加方法>

  1. 下の参加申し込みボタンからいとひや整骨院『臨床力がつく』オンラインセミナーページにアクセス。
  2. 予約・スケジュールボタンを押し、参加希望日を選ぶ
  3. メールアドレス、クレジットカード情報等を入力し予約する。

    参加申し込み

『開業したいけど、どうすれば良いの?』
『開業したけど治療がうまくいかない…』
そんな悩みを抱える貴方へ

外来疼痛研究会の糸日谷哲章【理学療法士・柔道整復師・保健医療学修士】です。
私は完全自費治療院を開業して10年目になります。個人で営む治療院ですが、“病院では治らなかった”患者様が県内だけでなく他県からも数多く押し寄せ、開業以来ずっと予約は2カ月先まで埋まっています。
こうなれた理由はシンプルで『痛みがとれる治療が出来るから』です。
このオンラインセミナーでは、当院を受診した患者様の動画(問診・検査・治療など)を視聴しながら、治療上の要点を分かりやすく50分で解説します。開業にまつわる色んな話も挟みながらやっていきますので是非、気軽に参加して下さい!

様々なケースの治療法が50分で学べるオンラインセミナー

実際の患者様の初診動画を観ながら、

  • 何に注目して問診するのか?
  • 訴えからどんなことが考えられるのか?
  • 実際にどのような治療で治したのか?
  • 姿勢・歩行分析の方法は?

など、開業するなら学んでおきたい実践的内容を分かりやすく講義します。

ZOOMを使ってのオンラインセミナーなので、分からない事があればセミナー中に質問ができます。

テレビ電話の様にお互い顔が見れて会話ができるのが良い点でもありますが、初めての参加で顔を出すのは恥しい…という方は顔出しなしでの参加でも、もちろんOKです!

過去のセミナーダイジェスト

 

『臨床力がつく』オンラインセミナーに参加希望の方は、以下のボタンをクリックしお申し込み下さい

参加申し込み

Next Events

次回開催予定のイベント | セミナー